知的財産管理システム「TOPAM」

知財業務ワークフローシステム「TOPAM/WP」

  • ・業務フローによりフィットしたワークフローを構築可能、出願や中間手続等のフローの外国出願にも対応
  • ・フローの操作をTOPAM NVと統一、フロー上で確定した書誌項目を、TOPAM NV管理情報に自動書込
  • ・発明者に問い合わせを行わず、知財管理部門だけでフローを運用することも可能
  • ・社外の特許事務所との連係も可能、事務所向け参照画面の提供でセキュリティ面を考慮したデータ管理が可能
  • 出願フロー
  • 中間手続フロー
  • 第二国出願要否フロー
  • 審査請求要否フロー
  • 権利維持要否フロー

各項目をクリックすると、それぞれの説明文にジャンプします

TOPAM/WP システム俯瞰図

外部業者への依頼フローの運用例

  • ・特許事務所など外部業者への依頼も可能

出願フロー

  • ・発明者から知財管理部門へ発明の届出を行う際や、知財管理部門が出願に向けた社内手続を行う際に活用
  • ・事務所連係を活用すれば、社内の発明受付手続から事務所への出願依頼までを一連のフローで運用可能
  • ・ディスカッション機能を利用すれば、システム上で発明者とのやりとりができ、記録を残すことが可能

中間手続フロー

  • ・拒絶理由通知等各種通知への応答対応に向けた社内手続に活用
  • ・特許庁からの中間書類を特許事務所が受領した際に、特許事務所から社内への連絡を行うことも可能
  • ・特許事務所から連絡を本フローで受信すると、自動的に応答期限が設定

第二国出願要否フロー

  • ・知財管理部門から発明者へ第二国出願(外国出願)を行うかの問合せを行う際に活用
  • ・要否検討結果が「出願要」の場合、ワークフロー完了時に第二国出願の出願フローを自動的に作成

審査請求要否フロー

  • ・知財管理部門から発明者へ審査請求を行うかの問合せを行う際に活用
  • ・複数の案件を束で問合せることや各部署(発明部門、知財部門等)での検討結果の確認が容易
  • ・同時補正も併せて確認可能

権利維持要否フロー

  • ・知財管理部門から発明者へ知的財産権の権利維持要否問合せを行う際に活用
  • ・ファミリー単位での権利要否確認や一括処理が可能

ページトップへ