情報共有機能

柔軟かつ確実な運用が可能な情報共有機能

特許調査の過程や結果を複数名で共有することにより、調査の効率化を支援します。
日本特許に加え、米国・欧州・国際公開といった海外特許にも対応していますので、ビジネスのグローバル化にあわせてご活用いただけます。

社内分類・評価情報付与

  • 独自の分類・ランク(評価)やコメントを、図面や公報を確認しながら付与することができます。
  • 付与した情報の検索(抽出)結果は、書誌情報や要約・請求項などの文献情報とあわせて表示・ダウンロードできるので、分析への活用なども可能です。

ワークフローSDI

  • 国内外の公報SDIや審査経過ウォッチングで抽出された特許情報に対して、スクリーニングや社内分類・評価情報を付与するなどの定型業務の依頼や処理をNRIサイバーパテントデスク2上で実施できます。
  • システム上で運用することにより、進捗状況の確認などの管理機能を利用することも可能になります。

検索式・検索結果共有

  • 検索において構築した検索式や検索結果の全部または選択した一部を、指定した組織に所属するメンバー間で共有することができます。例えば、調査部門の方が構築した検索条件を有効活用できるため、全社的な調査業務の効率化に寄与します。
  • 調査して絞り込んだ検索結果を共有することで、重複調査の手間の削減に加えて、過去の調査結果を再活用することも可能となります。

ページトップへ