情報共有機能

柔軟かつ確実な運用が可能な情報共有機能

特許調査の過程や結果を複数IDで共有することにより、調査の効率化を支援します。
日本特許に加え、米国・欧州・国際公開・中国といった海外特許にも対応していますので、ビジネスのグローバル化にあわせてご活用いただけます。

社内分類・評価情報付与

  • 独自の分類・ランク(評価)やコメントを、図面や公報を確認しながら付与することができます。
  • 付与した情報の検索(抽出)結果は、書誌情報や要約・請求項などの文献情報とあわせて表示・ダウンロードできます。

ワークフローSDI

  • 国内外の公報SDIや審査経過ウォッチング対象文献について、複数IDへの一斉配信や多段階配信が可能です。
  •      
  • 社内分類・評価情報付与機能と組み合わせることで定型業務の依頼や処理をNRIサイバーパテントデスク2上で実施できます。
  • システム上で運用することにより、進捗状況の確認などの管理機能を利用することも可能になります。

タスク依頼

  • 検索結果の全部または選択した一部を、指定したIDへ配信することが可能です。
  • ワークフローSDI機能と組み合わせると、タスク依頼先に設定済みのワークフローを選択できるため多段階配信も可能になります。

検索式・検索結果共有

  • 構築した検索式や検索結果の全部または選択した一部を、指定した組織に所属するID間で共有することができます。
  •      
  • 例えば、調査部門の方が構築した検索条件を有効活用できるため、全社的な調査業務の効率化に寄与します。
  • 調査して絞り込んだ検索結果を共有することで、重複調査の手間の削減に加えて、過去の調査結果を再活用することも可能となります。

情報共有機能の活用事例

  • これまで紙やファイル送付で実施していた作業を「ワークフローSDI」と「社内分類・評価付与」の活用でシステム上で運用可能になります。
  •      
  • 付与した社内分類・評価の情報は付与後に即システムに反映されるので、配布先部門の方の作業効率が大幅に改善されます。
  • 実行状況管理画面で進捗を確認できます。また督促メールの自動配信など作業を「早く」「確実に」実施するための機能も提供しています。

情報共有機能の活用例


ページトップへ