電子タイムスタンプ「Cyber Date Stamp」

電子タイムスタンプとは

近年、情報の電子化が進んできています。しかし、電子ファイルは作成日時や内容の変更が容易であるため、先使用権等の立証において信頼性があるとは言いきれません。
電子タイムスタンプは「いつから存在しているのか」「変更や改ざんが行われていないのか」を客観的に証明することが可能です。
特許庁より2006年に公開された先使用権制度に関するガイドラインの中で、先使用権立証における具体的手法のひとつとして「電子タイムスタンプ」が紹介されているように、今後、先使用権の立証における「電子タイムスタンプ」の需要は、業界・業種・事業規模を問わず増加していくと予想されます。
「Cyber Date Stamp」は、NRIサイバーパテントデスク2上でご利用可能な電子タイムスタンプサービスです。

あなたの電子ファイルに「信頼」と「安心」を!!

ページトップへ